RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

東京現代建築ほめ殺し


、1997年3月1日、269ページ
ISBN=4896912543

> 10+1 DATABASE内「東京現代建築ほめ殺し」検索結果 (3件)

[批評]

他者が欲望する黒船都市、トーキョー──ねじれたトポロジーの表出 | 五十嵐太郎

The Other's Black Ship Tokyo: The Manifestation of a Torsional Topology | Igarashi Taro

1 錯乱のプロローグ 一九八×年:おそらく二〇世紀の「東京」。人々は平和を謳歌している。見慣れた渋谷や新宿の風景。どこにでもいそうな公園の男女。ダンサーを志望す...歩きノート』(彰国社、一九九七)、『東京現代建築ほめ殺し』(建築三酔人、洋泉社、一九九七)な...

『10+1』 No.12 (東京新論) | pp.80-90

[鼎談]

建築と書物──読むこと、書くこと、つくること | 隈研吾五十嵐太郎永江朗

Architecture and Books: Reading, Writing and Creating | Kuma Kengo, Igarashi Taro, Nagae Akira

建築と書物の親和性 永江朗──「建築家はどのように書物と関わるのか」というのがこの鼎談のテーマです。最初に素朴な感想をもうしますと、芸術家のなかで建築家ほど書物...(晶文社、一九八三)とか、洋泉社の『東京現代建築ほめ殺し』(洋泉社、一九九七)の建築三酔人と...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.54-70

[都市/テクスト]

九〇年代の建築/都市計画の文献をめぐって | 五十嵐太郎

An Introduction to Books on Architecture/Urbanism in the 90s | Igarashi Taro

都市記号論を超えて 一九六〇年代にK・リンチやR・バルトが都市記号論を準備し、七〇年代にコンテクスチャリズム論が語られ、八〇年代は学際的な都市テクスト論が興隆し...庸な批判に終わったものの建築三酔人『東京現代建築ほめ殺し』(洋泉社、一九九七)は、カタログ的...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.112-115