RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.45>ARTICLE

>
下北沢における都市環境と人災 | マティアス・センドア・エチャノヴェ+入江徹 訳
Urban Ecology & Man-Made Disaster in Shimokitazawa | Matias Sendoa Echanove, Toru Irie
掲載『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) pp.102-106

公開を制限しています

>入江徹(イリエトオル)

1974年生
d.d.s.共同主宰、共栄学園短期大学助手。建築家。

>『10+1』 No.45

特集=都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?