RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.33>ARTICLE

>
「届かなさ」の修辞学──監視社会(論)と動物化 | 北田暁大
The Rhetoric of "Unreaching": The Surveillance Society and Animalization | Akihiro Kitada
掲載『10+1』 No.33 (建築と情報の新しいかたち コミュニティウェア) pp.150-162

公開を制限しています

>北田暁大(キタダアキヒロ)

1971年生
東京大学大学院情報学環准教授/社会学。

>『10+1』 No.33

特集=建築と情報の新しいかたち コミュニティウェア