RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.14>ARTICLE

>
鏡像──第二次世界大戦以降のアメリカ建築における、技術、消費とジェンダーの表現 | ジョアン・オックマン+赤川貴雄 訳
Mirror Images: Technology, Consumption, and the Representation of Gender in American Architecture since World War II | Joan Ockman, Akagawa Takao
掲載『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) pp.171-179

公開を制限しています

>ジョアン・オックマン(ジョアン・オックマン)

コロンビア大学 Temple Hoyne Buell Center アメリカ建築研究所理事。

>赤川貴雄(アカガワ・タカオ)

1966年生
北九州市立大学建築デザイン学科准教授。建築家、建築設計、アーバンデザイン。

>『10+1』 No.14

特集=現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築