RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.04>ARTICLE

>
バルカン料理盛り合わせ──F・フクヤマの塹壕の中へ | ヘアート・ロフィンク+アディリノ+大宮勘一郎 訳
A Balkan Combo─platter in F. Fukuyama's Trenches | Geert Lovink, ADILKNO, Omiya Kanichiro
掲載『10+1』 No.04 (ダブルバインド・シティ──コミュニティを超えて ) pp.190-201

公開を制限しています

>ヘアート・ロフィンク(ヘアート・ロフィンク)

1959年生
編集者、ジャーナリスト、メディア理論家、メディアクティヴィスト。

>アディリノ(アディリノ)

The Foundation for the Advancement of Illegal Knowledge(非合法知識促進化集団)。

>大宮勘一郎(オオミヤ・カンイチロウ)

慶應義塾大学文学部人文社会学科教授。ドイツ文学 メディア論。

>『10+1』 No.04

特集=ダブルバインド・シティ──コミュニティを超えて